上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
というか卯月さんまで日記にするとは思ってもいなかったです…


スポンサーサイト
2011.06.15 / Top↑
見てから感想を書きます。ついでに原作要約もやります。多分、長くなります

一言言わせてもらうとやっぱ藤林姉妹編もやってくれ!

メインで一番かわいそうな杏を救ってあげてください。くどいぐらい言っていますがねw

私見はさておき御存知の方もいると思いますが元シナリオライター(リトバスで引退したらしいです)の麻枝氏がもっとも好きなのが智代だそうです。智代アフターも麻枝氏が担当していたと思います。


アニメのシナリオ要約

主要キャラ:朋也、智代、春原
サブキャラ:学年主任、副会長(別に声優さんを批判はしていません。ただ単に副会長が嫌いなだけです)

感想
見ている最中ですが色々と省略されてるし、あとキスシーンが少ない。あと副会長うざい(原作で殴る、殴らないの選択肢があったら面白かったと思います。僕だったら殴るを押しますがw)。本編で下ごしらえができているからそんなに違和感はありません。先生などが朋也を悪い、悪いと言いますが智代も本当なら言われる立場だと思います(過去の出来事)。ただ優秀か不良かの違いだけですね。恋人同士なら当たり前の行為すらできない二人。身分差がある恋は難しいですね(不良と生徒会長)。

黒髪の春原がかわいかったですwあと中村さんもなかなか迫力がある演技で良かったと思います

一言で言うとオリジナルを縮めただけです(結構削られていますが展開的に違和感はありませんでした)。わかる人向けのどこが違うかを書いておきます
・無論、前半部分はカット
・智代と付き合っていることになっている
・時期が夏に変更
・本来ならないはずの学園祭がある
・朋也と智代と春原以外は主要キャラは一切出ません。
・卒業式の日に二人が再開しています。雪が降っているから二月かな?関東の某学校がモチーフと聞いているのですが三月で雪があんなに降る場所ありますか?
・美佐枝さんと猫イベント、コンボイベントは全部カット。
・鷹文君が出てきません


踏切がやたらと出てきますがあれは二人の境界線を表していると思います。ラストで開いたのは二人の境界線がなくなったからだと思います(ここは良い演出だと僕は思いました。二人の関係をうまく表しています)。つまり朋也が卒業し、晴れて自由に恋愛が出来るようになりました。その後は智代アフターに続くわけですがどうなるかは自分で調べてください

30分でまとめるならこんなもんだと思います。アニメ本編で大分消化しているのですんなり話の内容がつかめました。オリジナルの智代シナリオは前半はキス連発、停学処分の理由が学校で○○○をしようとしたのを教師に見られたとかがあってなかなか面白いのですがやっぱカットですか…

以上で感想は終わりです。オリジナルの要約はテストとレポートが完全に終わるまで待ってください。


これで実感。藤林姉妹編は本編をかなりいじらなきゃ出来ませんね。ことみシナリオとかも混ぜても出来るとは思いますがそれでも姉妹が同じ人を好きになったそれぞれの理由とかも書かなきゃいけないし、キスもこのシナリオではかなり重要。17話からの派生で展開すればなんとかなりそうですが現実は厳しいと思います。ただリクエストは当然あるでしょう。そのうち僕もリクエスト出してみます。出来ればDVD一巻分で出してほしいです

書いているときりがないのでこれで終了します。近日中になんかを発表します
2008.07.17 / Top↑
徐々に書いていきます。

主要登場人物
朋也、春原、美佐枝、志麻 賀津紀

サブキャラ
公子さん、芳野 祐介、サキ、ユキ、渚、智代、椋、五十嵐

シナリオ概略
いつもどおりに春原の部屋へ行く、朋也。そこへ美佐枝さんが通りがかる。困っているので朋也はとりあえずプロレス技を伝授。最初の犠牲者は無論、春原。以下、二回は略。春原にとって美佐枝さん=おっぱいだそうです
2008.06.23 / Top↑
朋也は変態でした…



主要登場人物
朋也、春原

サブキャラ
ヒロインほぼ全員

シナリオ内容
朋也が女性陣と出会いと別れを繰り返し、誰が一番と決めたかというとまさかの春原!!絶縁か付き合うかの二択を突きつけ、交際を迫る。渋々春原はOKしますが元に戻ってくれよという

その後、朋也は春原の部屋に住むことを決断。家出する。春原はそれに恐怖する。そのうち開発するからなとかいい、やがて朋也が強引にキス。春原の悲痛な叫びで終了。このあと掘られてそうで心配です

BAD END


すんげえ面白いのでやってみてください。とりあえず言えることなのはバイはお前だ!岡崎 朋也!!
2008.06.12 / Top↑
幸村先生ルート終了しました


途中まで渚ルートなんで省略。なおバスケ対決は最終メンバーは杏を選択し、負けました。勝平は明日やります


主要人物
朋也、春原、渚、幸村先生

サブキャラ
古河夫妻、公子さん

シナリオ内容
途中まで渚ルート。

バスケ対決に敗北後、朋也と渚は普通に創立者祭を楽しむ。その後、渚は学校を休み続け時が流れる。ある日、公子さんが古河パンを訪れて朋也は話す機会を得る。そこで幸村先生の名が出てくる。朋也の一年の時の担任で朋也と春原が退学しなかったのも先生のおかげです。公子さんは幸村先生の意外な過去を話し始め、そしてこういう、『あなたたちは最後の教え子』だと。意味的には世話を焼いたということ。教え子は例外なく自分の子だと思っている。今の学校では幸村先生の出番はあまりありません。そんな中現れたのがこの二人です

その話から大分月日は流れ、二人は就職に向けて動き出す。春原は実家に戻り、就職活動。卒業式間近まで学校に戻ってきませんでした。

時は卒業式、二人はさぼります。そんな中、幸村先生登場。『最後ぐらいちゃんと出んかい』という。最後のホームルームが終了し、学校を出ようとするとき、出迎えを受ける。二人は誰からも相手にされない幸村先生に向かって『ありがとうございました』と。何年後にわかるかもしれない気持ち。そして先生が穏やかな時を過ごすとき自分の教え子たちを思い出す

長い、旅の終わりに。


いい話でした。
2008.06.07 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。